コラボ Collabo

研究者の人とコラボ その2
〜【鍼×触・圧覚研究】〜

コラボ企画其の二
【触覚・圧覚スペシャリスト × 鍼師おざわ】


このコラボは筑波大学との共同研究。2021年スタート予定。現在文部科学省から研究費が出る方向にて話が進んでおります。

触覚・圧覚のスペシャリストである蜂須拓助教授と日々人の肌に触れて鍼を打っている鍼師おざわとの『人の肌感覚』について研究を行う事になりました。アフェクティブタッチについてはアメリカやフランスでの研究が盛んであり、日本では身体接触に消極的である為研究データがほとんどありません。肌へのアプローチというのは子供の発育や看護の現場でも患者の皮膚に触れる事はストレスの軽減に繋がるとの研究結果もあります。今回の研究は国際論文に発展する可能性のあるもので、筑波大学からも全面的なバックアップをして頂ける事になりそうです。この研究が成功するとAIにデータを取り込み人の様々な肌情報やアプリ開発など、発展性が見込まれます。

蜂須拓
【略歴】 2015年電気通信大学大学院情報理工学研究科総合情報学専攻修了.筑波大学研究員を経て,2020年筑波大学システム情報系助教,現在に至る.
触覚VR/AR,マルチモーダルヒューマンインタフェース,ウェアラブルデバイスの研究に従事.博士 (工学)