症例報告Case reports

お腹(みぞおち)の緊張・
呼吸がしにくい・
立ち上がるとフラつく・
頭痛・吐き気

【20代女性】

主訴

お腹の緊張がある。ちょうどみぞおちの辺り。
息を思い切り吸えないような感覚がある。立ち上がりのフラつき。
何十年も前からの症状であり、緊張感が強くなった時に症状が強くなる。
社会人になってからは毎日症状が出る。頭痛や吐き気もある。
心療内科では自律神経失調症と診断され、薬を処方されている。
長年同じ様な症状で辛い為、トリガーポイント治療を調べて当院にご来院して頂きました。

治療

頭痛や吐き気、およびその他の自律神経症状に対しては首のトリガーポイント治療を行った。
お腹の緊張に関しては背部の筋のトリガーポイントを中心に治療を行った。

今まで様々な治療で腹部の治療を行ったが改善しなかったという事で、目線を変えて胃の症状に関わる背部の治療を行いました。

お腹の緊張症状は3回程度の治療で改善した。
首のコリは頑固でしたが、5回程度の治療で自覚症状は改善していきました。
気圧の変化や仕事での緊張により症状が悪化する時はあるが、昔ほど辛い症状が続く事は無くなりました。

まとめ

胃の痛みや腹部の違和感など、それらの原因はもちろん局所的である可能性もありますが、なかなか治らない症状や長年の違和感などに対しては、背部の筋のトリガーポイントに目を向ける事が重要です。
長年の腰痛でさえも、なかなか治らない時は腹直筋(お腹の筋肉)や股関節前面の筋肉のトリガーポイントを治療するとスッと痛みが消える事もあります。

最近よく読まれている症例

モートン病・足底筋膜炎...と診断されたがなかなか改善しない足裏足趾のピリッとした痛み

夜布団に入ってもなかなか寝付けない... 皮膚緊張の鍼灸症例

数年前に線維筋痛症と診断された音楽家

ブチブチという音と共に起こった下腿肉離れ

歯をギリギリ食いしばる

心がざわざわする・頭がピリピリする

舌がビリビリする・口がカラカラ乾く

続く微熱・めまい・フラフラ感・動悸・呼吸が深く出来ない

CNMS・顔面部の痺れ・フラフラする・続く微熱・急な不安感

殿部の痛み・歩けない・歩行時に症状が強い・刺さるようなピシっとした腰の痛み

症例INDEXへ戻る