症例報告Case reports

前立腺肥大の鍼治療

【60代男性】

主訴

前立腺肥大がある。
尿意が1〜2時間に一度起こり、一日何回もトイレへ行く。
尿量も減少しており遠出もしにくい。
薬を処方されているが、それ以外に何か方法はないか…という事で当院を受診されました。

治療

前立腺肥大は過去にも症例があり良い結果を出しています。
前立腺肥大を治療するのではなく、前立腺肥大による症状を治療します。
つまり①頻尿②浮腫み③下肢循環血液量の改善④腰部の治療⑤臀部の治療

前立腺肥大の患者様の多くは腰部の筋とでん部の筋肉の緊張が強くあります。
これらを治療するだけで前立腺肥大の症状は改善していきます。
他にも少し刺鍼の難易度は高いですが、第二仙骨孔に対してのアプローチが効果的です。

1回目:変化はあまり見られない。
3回目:尿量が増え、トイレの回数が減る。運動も楽しく出来るようになり始めた。

現在治療中。。。。

最近よく読まれている症例

モートン病・足底筋膜炎...と診断されたがなかなか改善しない足裏足趾のピリッとした痛み

夜布団に入ってもなかなか寝付けない... 皮膚緊張の鍼灸症例

数年前に線維筋痛症と診断された音楽家

ブチブチという音と共に起こった下腿肉離れ

歯をギリギリ食いしばる

心がざわざわする・頭がピリピリする

舌がビリビリする・口がカラカラ乾く

続く微熱・めまい・フラフラ感・動悸・呼吸が深く出来ない

CNMS・顔面部の痺れ・フラフラする・続く微熱・急な不安感

殿部の痛み・歩けない・歩行時に症状が強い・刺さるようなピシっとした腰の痛み

症例INDEXへ戻る