症例報告Case reports

ふくらはぎのだるさ

【72歳男性】

主訴

ふくらはぎの痛み・だるさ。駅まで200Mの道のりを歩けない。
途中で休んでしまう。
とにかく歩いていると足がだるい。

治療

脊柱管狭窄の症状は無かった為、大殿筋・中殿筋及び下腿三頭筋の治療を中心に行った。
週3回ほど来られるという事なので、手技療法のみで施術した。

ペインスケール

1回目…まぁまだ変わらず。
5回目…当院に来るまで1回ほど休んでいたが、時々休まずに来られるようになる。
10回目…ほぼ休まずに来られる。筋緊張も緩和。
15回目…駅まで行けるようになる。行動範囲が広がった。

予後

『治療をすると身体の調子がよい』という事で現在も定期的に治療中。
やはり60歳を過ぎると殿筋が衰えてきます。
殿筋は『歩行』という事に関しては非常に重要な筋肉です。
こんな感じで寝ながらでも運動できますのでやってみて下さい。

  • これは大殿筋の収縮。
    お尻がプリッとなります。
  • これは中殿筋の収縮。
    おしりが小さくなります。

最近よく読まれている症例

モートン病・足底筋膜炎...と診断されたがなかなか改善しない足裏足趾のピリッとした痛み

夜布団に入ってもなかなか寝付けない... 皮膚緊張の鍼灸症例

数年前に線維筋痛症と診断された音楽家

ブチブチという音と共に起こった下腿肉離れ

歯をギリギリ食いしばる

心がざわざわする・頭がピリピリする

舌がビリビリする・口がカラカラ乾く

続く微熱・めまい・フラフラ感・動悸・呼吸が深く出来ない

CNMS・顔面部の痺れ・フラフラする・続く微熱・急な不安感

殿部の痛み・歩けない・歩行時に症状が強い・刺さるようなピシっとした腰の痛み

症例INDEXへ戻る