症例報告Case reports

めまい・耳鳴り

【47代男性】

主訴

耳鳴り・常時耳鳴りが止まらない。(キーンとした音)
首を回した時や首に力が入ると余計に音が大きくなる。
耳鼻科に言っても『自然に治るのを待つしかない』と言われ保存療法をすすめられた。

治療

耳鳴りも実は骨格筋のトリガーポイントが原因で起こる事があります。
内耳そのものの疾患の場合はアプローチが難しいですが、このケースはまさに骨格筋が耳鳴りを起こしているケースでした。
頸部左回旋で頸部の痛みあり。
肩甲挙筋をメインに左頸部中心のトリガーポイント療法を行った。

治療結果

耳鳴りが何年振りかに消失。
首も楽になった。

耳鳴りへの鍼灸アプローチ

最近はめまい外来や専門の中の専門の分野のクリニックが多いです。
しかし整形外科と同じく、手術得意・慢性疾患苦手…という様に、めまい専門医でも『骨格筋からめまい・耳鳴りがきている!』と考えてくれるドクターは少ない様です。
我々は慢性疼痛患者に対して絶対に諦めずに対処する自信があります。
結局薬や・湿布に頼らずに手や針でトリガーポイントを刺激して治していく訳です。

願い

根本的に『鍼灸でこの様な症状が良くなる』…という認知がまだまだ少なすぎます。
知っている人は『耳鳴りがあるから鍼灸受けてみよう!』とか、周りにご紹介してくれる友達がいれば『そうだ、あそこの鍼灸治療院に行ってみよう!』となります。
しかし、まだまだ『耳鳴りが起きたから鍼灸を受けよう』とファーストチョイスになりえません。
よくてサードチョイス位です。
徐々にこの様なブログなどで広めていく必要があります。
まだまだ鍼灸はこれからですね!!
めまい・耳鳴り・自律神経症状の症例数はかなり多いので、『どの治療を受けてもダメだった。』『どの様な治療をしたらよいかわからない』・・・という方はご相談だけでもいいのでご連絡下さい。
特に自律神経症状は『何が何だか分からないけど調子が悪い。色々な症状がある。とにかく身体がおかしい』…と訴える患者様が多いです。
悩む時間が長いほど、どんどんと辛くなります。
最近は気候が変化しやすく、季節を問わず自律神経が乱れるようです。
そのため、めまい・耳鳴り・胃症状などが増えます。
うつ病などの心の病も増えます。
自律神経が乱れると、様々な症状を呈します。
うつ病の患者様にも鍼灸治療は有効ですが、最大の治療の難点は『治療を受けた方がいいのは分かるけれど家から出られない』…という重症になりかけている人ほど治療が定期的に行えないのが難点です。
今までも治療途中で来るのが難しくなってしまったりした人が多くいます。
何か、いい方法は無いかと考えます。
早めにご相談してください。

最近よく読まれている症例

モートン病・足底筋膜炎...と診断されたがなかなか改善しない足裏足趾のピリッとした痛み

夜布団に入ってもなかなか寝付けない... 皮膚緊張の鍼灸症例

数年前に線維筋痛症と診断された音楽家

ブチブチという音と共に起こった下腿肉離れ

歯をギリギリ食いしばる

心がざわざわする・頭がピリピリする

舌がビリビリする・口がカラカラ乾く

続く微熱・めまい・フラフラ感・動悸・呼吸が深く出来ない

CNMS・顔面部の痺れ・フラフラする・続く微熱・急な不安感

殿部の痛み・歩けない・歩行時に症状が強い・刺さるようなピシっとした腰の痛み

症例INDEXへ戻る