症例報告Case reports

スポーツ選手のかかとの痛み&
アキレス腱部の痛み

【60代男性】トライアスロン選手

主訴

数ヶ月前に大腿部後面ハムストリングスの肉離れをする。鍼治療によるハムストリングス疼痛緩和後に運動開始をするも、またまた負荷によるものか、かかと接地時のかかとの痛み及び踏み出しの際のアキレス腱の痛みが出現し始める。

近く大会もあるので早めに何とかして欲しい…との事にて御来院頂きました。

視診・触診

圧痛のある場所はかかとの内側部andアキレス腱内側外側。基本的にこの部位に関しては圧痛部位を集中治療致します。

治療

かかとの内側に集中刺鍼。アキレス腱は内側外側、そして中心部に刺鍼を行い認知覚を得られました。

結果2回程度の治療にて疼痛は治癒。軽いジョギングから初め、現在は競技参加もしております。

まとめ

トリガーポイントは筋肉に出来るイメージがありますが、筋肉以外にも腱・靭帯・骨膜にも形成されます。特に『異構造接合部』といいまして、『筋肉→腱に変わるところ』『腱→骨に付着する所』『靭帯→骨に付着する所』といった組織が異なる接地面にトリガーポイントは形成されやすく痛みや痺れの原因となります。

鍼治療は肩こりや腰痛などの慢性疼痛意外にも、今回の様な急性症状、そして早期の回復を目指すスポーツ選手や昔痛めた箇所のせいで良いパフォーマンスが発揮出来ない方の手助けという手段になります。

症例INDEXへ戻る