症例報告Case reports

顔面部の痺れ・舌の痺れ・
続く微熱・急な不安感

【30代女性】

主訴

2月頃から左の首から肩にかけての痛みが続いている。顎も痛みが出るようになる。
痛みが出るようになってから後頭部が腫れているような感覚がある。特にその頃はあまり気にしていなかった。

しかし2月中旬から舌先の痺れや違和感・顔面部の痛みが出る様になる。耳鼻科に行き紹介を受け首や顔面部のMRIを撮るも異常はなかった

触って痛い・痺れる…という感覚では無いが違和感が強い。元々頭痛持ちで、疲れや寝不足が重なると決まって症状が出ている。

小さな子供もおり最近寝不足が続いている。急な不安感や腹痛、ダルさなどが出る様になる。

最近では微熱が続くようになり脳神経外科や内科など様々な病院を回っているが薬を処方されるのみで何の改善にもならない。当院HPのCNMS(頚性神経筋症候群)の記事を読みご来院されました。

視診・触診

顔色が悪く大分疲れた表情をされておりました。皮膚表面から診た色素沈着や湿疹などの皮膚初見は無く、触診では浅い層の筋を触知するだけで痛みが出る痛覚過敏帯が多数診られました。

治療

今回の症状は様々な病院に行っても改善に至らず、首の状態悪化による自律神経症状(CNMS【頚性神経筋症候群】)が原因と判断して治療を行いました。痛覚過敏もある為、1回目〜3回目の治療までは霞鍼(0、14ミリの細い鍼)を使用して当てるポイントにはしっかりと当て、他のポイントは多少響きを抑えつつ疼痛のコントロールを行いながら治療を行いました。

その後は深部の後頭下筋群に対してアプローチを行いました。

治療結果

初回&2回目の治療にて効果を実感。しかし症状に波がある。眠りが深くなったからか自覚症状が始め10辛いとしたら半分程度にまで軽減。

頭痛や舌先の痺れ・顔面部の違和感がほぼ消失する。微熱もほぼ改善。5→1

まだ根本的にポイントを取りきれていない為現在も週一回程度のペースにて治療継続中。

まとめ

今回の症状は数ヶ月続いた症状が薬物療法にて改善せず、首や肩のトリガーポイント処理にて自律神経機能が改善して参りました。

まだまだ知られておりませんが、頭痛・慢性疲労症候群・過敏性腸症候群・うつ症状・パニック症状・更年期障害などの症状は首や肩の慢性的なコリから出現してきます。これをCNMS(頚性神経筋症候群)と呼びます。

【首や肩のトリガーポイントが原因で起こる症状】

1 頭が痛い・頭が重い
2 首が痛い・首が凝る
3 肩が張る・肩が凝る
4 最近風邪を引きやすくなった
5 めまいやフラつきが出る事が多い
6 振り向いた時や歩いている時にフワフワ、フラフラする事がある
7 吐き気がある事が多い
8 寝つきが悪い・途中で起きてしまう・眠りが浅い
9 血圧が安定しない
10 温度差が苦手
11 急に汗をかいてしまう事がある・多汗症
12 動悸がする事がある
13 目がぼやけたり見えにくい事が増えた
14 目が開けていられない・目が疲れる
15 夜の車のライトなどが眩しい・目の奥が痛い・視力検査などでライトが光るものは視力が落ちている
16 ドライアイが長く続いている
17 唾液の分泌異常がある
18 最近微熱が続く事が多い
19 お腹の膨満感・胃腸の調子が悪い
20 全身倦怠感が朝から続く
21 身体がだるい・疲れやすい
22 やる気が出ない事が多くなった
23 天候に自覚症状が左右される事が多い
24 気分の落ち込みが出る事がある
25 最近集中力が続かない
26 ふと、急に不安感が出る事がある
27 イライラする事が多くなった
28 仕事に対する根気が無くなってきた
29 手足の冷え・痺れ・のぼせるなどの症状がある
30 胸の痛み・圧迫感などが出る事がある

それぞれの症状で様々な医療機関を受診すると沢山の病名が付き沢山お薬を処方させる結果となります。

自律神経症状は『私の体、どうしちゃったの?』と不安になる症状がほとんど。患者様のお身体がしっかりと治る治療に早く出会える事を願います。

症例INDEXへ戻る