症例報告Case reports

逆子

【20代女性】

主訴

妊娠34週。
ギリギリまで逆子体操をしたり様子を見ていたが、帝王切開か決めなければいけない日が近付き、近所の産婦人科医からのご紹介にてご来院してくれました。

治療

逆子の場合、胎児側の原因や母体側の原因も考えられますが、必ず冷えとむくみが出ているので腰下の循環をよくすることを目的に刺鍼しました。
逆子に非常に有効な部位に対してお灸もプラスして行いました。
大腿四頭筋、大腿筋膜張筋、ハムストリング、前脛骨筋、後脛骨筋に刺鍼。
三陰交、至陰に施灸。
1〜2回、施術のあと胎児の動きを感じました。
その後3回目の施術のあとに病院での検診で逆子が治っていることを確認。喜びのお電話頂きました。

まとめ

当院では鍼と灸を併用し治療しています。
逆子治療の場合、胎児の大きさや動きやすさによって結果は変わってきますが、35〜6週諦め半分で来院されて、集中的に治療をし7.8回で改善したケースもあります。
精神的な不安やストレスがかかっていることが多いため、身体全体のケアも同時に施術することも可能です。
元気な赤ちゃんが生まれてくれたそうです。
こちらこそ感謝です^ ^

最近よく読まれている症例

モートン病・足底筋膜炎...と診断されたがなかなか改善しない足裏足趾のピリッとした痛み

夜布団に入ってもなかなか寝付けない... 皮膚緊張の鍼灸症例

数年前に線維筋痛症と診断された音楽家

ブチブチという音と共に起こった下腿肉離れ

歯をギリギリ食いしばる

心がざわざわする・頭がピリピリする

舌がビリビリする・口がカラカラ乾く

続く微熱・めまい・フラフラ感・動悸・呼吸が深く出来ない

CNMS・顔面部の痺れ・フラフラする・続く微熱・急な不安感

殿部の痛み・歩けない・歩行時に症状が強い・刺さるようなピシっとした腰の痛み

症例INDEXへ戻る