症例報告Case reports

高血圧

【30代男性】

主訴

最近仕事でのストレスからか急に血圧が上昇。
今まではなんともなかったが急に上が160にまで上がってしまう。
2、3ヶ月経過したがなかなか下がらない。医師には血圧を下げる薬を処方されている。
薬を飲むと140位にまで血圧は落ちるが薬に頼らない生活をしたい。
当院患者様のご紹介にてご来院されました。

視診・触診

視診では特に異常は診られませんでしたが触診では大分頚部の浮腫が診られました。
自身ではコリをあまり感じていない様でした。

治療

頚部の浮腫を取る為鍼を多めに使い、頚部を集中的に治療を行いました。

表層の筋から深部の筋まで、もれなく治療を行いました。

仕事も忙しかった様ですが、必ず週一回の治療を受けていただく様にしました。

2回目の治療後から血圧が下降。しかし仕事が忙しい時や寝不足、ストレスを感じたときなどは血圧が上昇。
5回目の治療時には薬を服用すると血圧が下がり過ぎてしまうほどになった為、内科医と相談して薬の服用をやめて頂きました。

現在は血圧が安定している状態にまで短期間にて回復致しました。

血圧

高血圧の8割は原因不明と言われています。
他の2割は現在の病気に関連した血圧上昇などがあるケースです。
一般的に血圧が高いと血圧を下げる薬を処方する事が多いのですが、これではずっと薬を飲み続けることになりますので根本的に治す努力も必要かと思われます。
頚部のトリガーポイントは血圧上昇を招きます。
根本的に治したい方は少しお時間かかるかもしれませんがご相談下さいませ。

最近よく読まれている症例

モートン病・足底筋膜炎...と診断されたがなかなか改善しない足裏足趾のピリッとした痛み

夜布団に入ってもなかなか寝付けない... 皮膚緊張の鍼灸症例

数年前に線維筋痛症と診断された音楽家

ブチブチという音と共に起こった下腿肉離れ

歯をギリギリ食いしばる

心がざわざわする・頭がピリピリする

舌がビリビリする・口がカラカラ乾く

続く微熱・めまい・フラフラ感・動悸・呼吸が深く出来ない

CNMS・顔面部の痺れ・フラフラする・続く微熱・急な不安感

殿部の痛み・歩けない・歩行時に症状が強い・刺さるようなピシっとした腰の痛み

症例INDEXへ戻る