スタッフ紹介Staff

吉田 理恵(よしだ りえ)

鍼師・灸師

鍼灸師を目指した理由

小学生の頃から近所の鍼灸院に家族でお世話になっていたので鍼はもともと身近に感じていましたが、私自身がなろうと思ったきっかけは、高校生の頃に頭痛が頻繁に起こるようになり、ひどい時は吐き気やめまいがすることもありましたが、それが鍼治療で改善されたことでした。症状が治ることだけでなく、無駄な力みが無くなり生活自体が明るくなった感情が強く、私が感じた鍼の素晴らしさを周りの人にもっと広めたいと思い鍼師を目指しました。鍼師になって臨床を重ねるごとに、症状の改善はもちろんのこと明るくなっていく患者様を見ることで、その想いはより強くなっています。

国立おざわに入社した理由

以前は違う治療法を4年間働きながら学んでいましたが、筋肉のコリが様々な症状の引き金になっていると感じ、鍼師としてよりコリに対してアプローチできる治療法はないかと思い探していたところトリガーポイントを知りました。勉強会等で学ぶというやり方もありますが、臨床数の多い国立おざわでより継続した治療を学びたいと思い国立おざわで働きたいと思いました。

国立おざわで学びたい技術

治療の技術はもちろんのこと、ただ症状を治すということだけでなく患者様のQOL向上のために患者様の満足度の高い環境作りを学んでいます。

治療などで心がけていること

初めて鍼治療を受けられる方は不安を持って来られる方が多いですが、安心して受けて頂けるようにきちんとした説明と環境をご提供しています。また、銀座院では一対一の施術を女性鍼灸師が行なっていますので、より安心した環境で落ち着いた施術時間を過ごして頂けると思います。

私の得意分野

銀座院院長として一対一での施術を行なっていますので、ご納得していただけるよう丁寧な会話を心掛けています。鍼とはどういったものなのか、衛生面はどうなのか、どうして鍼で治るのか等、施術をするだけでなく疑問に思っていることに対して時間をかけてお答えいたします。また、リラックスしていただける空間づくりにもこだわり、安心安全の鍼治療をご提供いたします。

今後さらに向上させたい技術や目標

施術を受けられた方の満足度の向上。

国立おざわのPRポイントは

鍼治療の臨床数。

国立おざわの好きなところは

院長を筆頭に向上心の強いスタッフが集まり、治療家としてだけでなく人として密度の濃い時間を過ごせるところ。

趣味や休日の過ごし方は

宝塚観劇、銀座のBAR巡り

このホームページを読んでくださった方へのメッセージ

鍼治療は最後の砦のように思われますが、様々な症状の根源となる筋肉のコリをほぐして、未病を防ぐための予防医療に最適な治療法だと思っています。患者様からは様々なお悩みをお聞きしますが、今ある症状を取るというだけでなく、症状を出さないようにケアしていく方法の一つとして鍼治療が認知されていくように、そして皆様が健康に楽しく過ごせるように、日々精進して参ります。

スタッフINDEXへ戻る