院長 小沢国寛による鍼灸国家資格取得者およびその学生を対象とした勉強会

Menu
教育研修(鍼ざわ塾)
患者様の気持ちに寄り添った
治すための治療を目指し、毎日研修を行います。
当院の施術者は全員が国家資格を取得していますが、さらに鍼灸技術の向上を目指して、毎日の研修と月一回のテストを実施しています。

毎日の研修

筋肉・靭帯・骨膜などに形成されるトリガーポイントを1筋1筋・1部位1部位ずつ抜粋して、どの疾患にどんな鍼の打ち方が有効なのかを習得します。


院長を講師に、2人の従業員が1組(施術者と患者役)となって実際に鍼を打ちます。想定した症状やテーマ別により有効な鍼の打ち方を院長が指導。参加した従業員とディスカッションを行いながら進行します。


こうした内容の研修を毎日、午前診療終了後および午後の診療終了後に1組ずつ行います。

毎月1回のテスト

日々の研修で習得した内容を確認するために、実技によるテストを毎月1回(第2土曜日の午前9時〜)行います。


1人ずつ想定した症状やテーマに沿って実際に鍼を打ち、その鍼を響くポイントに導けていけているかなどを院長が厳しくチェック。さらに参加者全員とディスカッションを行いながら進行します。


当院の施術者全員が共通の認識を持ち、患者様に同等の鍼灸技術を提供できるように、実際の治療と同じようなシチュエーションで行います。