症例報告Case reports

首肩の痛み・顎関節症

【30代女性】

主訴

10年程前に歯の痛みで歯科医院を受診し、顎の使い過ぎだと診断された。
その時は注射で治療をし一時的には良くなったが、すぐ元に戻ってしまう状態であった。昔から歯を食いしばる癖があったが、現在も仕事はほぼ休みが無く、よく気を遣う為ストレスによる食いしばりをさらに自覚している。
首と肩の凝りも慢性的にあり、食いしばりによるものなのではないかと思っている。マッサージにも何度か通ったがなかなか良くならず今回当院にご来院されました。

視診・触診

視診では、首から肩にかけて全体的に浮腫がみられると共に、両側の咬筋に顕著な浮腫がみられた。触診では、特に咬筋に認知覚が出た。

治療

鍼治療は初めてということでしたので、細めの鍼を使用し刺激量を調節しました。

1回目→寸-01 20本 僧帽筋、頭半棘筋、肩甲挙筋、胸鎖乳突筋、外側翼突筋、内側翼突筋、咬筋
・・・治療後少し重だるさが出たが、翌日にはとれて何となく楽になった気がする。ペインスケール10→9

2~3回目→上記同様
・・・首の浮腫が取れてきて、鍼先を悪いポイントに当てやすくなってきた。 治療中、どの部位にも認知覚がよく出る為「効いている自覚」があるとのことでした。ペインスケール9→6
4~5回目→上記同様に加え、側頭筋
・・・顎の痛みが大分減少した。首と肩は最初よりは良いが、仕事が忙しかったりすると凝りを感じる。ペインスケール6→3

その後、完治致しました。

まとめ

顎を動かす時に使う筋肉を咀嚼筋と言い、咬筋、外側翼突筋、内側翼突筋、側頭筋の4種類があります。咀嚼筋にトリガーポイントが出来ますと顎の痛みだけでなく、耳疾患(難聴、耳鳴り、聴覚過敏など)を引き起こすこともあります。今回のケースでは昔からの噛みしめにより咀嚼筋に頑固なトリガーポイントが形成されていました。

ではそもそも何故、噛みしめが起こってしまうのかと考えた時、今回の症例にも当てはまる様に首コリに原因がある場合がございます。首を一緒に治療することで治りは断然早いです。凝っている自覚がない方ほど重症になってから気付きます。一見、顎の痛みと首には関係性が無いと思われがちですが、実は根本的には深く関わっている可能性があるのです。

お気軽にお問い合わせ下さいませ。

症例INDEXへ戻る