首のコリ・自律神経の乱れ・ストレス症候群・不眠・起きられない・めまい

Menu
症例報告
首のコリ・自律神経の乱れ・ストレス症候群・不眠・起きられない・めまい

【20代男性】

主訴

昔から首のコリがある。5年前に右腕に激痛が走り、整形外科に行くと頸肩腕症候群と言われた。
少しずつ色々な治療を行い症状は寛解していったが、去年からまた症状が再発してしまった。
腕のダルさもあり、自律神経の乱れや不眠、朝起きられないなどの症状が毎日出るようになった。時々めまいも起こる。
首が緊張しているような感覚が常にあり、身体が勝手にピクピクと動いたりする事がある。
眼の奥の痛みや頭痛、めまい症状が最近更に強くなっており、様々な治療を行ったが改善が診られなかった。
当院ホームページを見つけてくださりご来院されました。

治療

頚部右の半棘筋が過緊張していた為、患部を集中的に治療しました。

治療結果

1回目~5回目まで変化は見られなかった。
週一回の治療を週二回に変更させて頂きました。
6回目~10回目までで様々な不定愁訴がなくなる。
めまい、不眠、頭痛などが緩和し、ストレスに対しても強くなった様な気がする。
11回目~15回目では筋肉がピクピク動く症状も改善される。

その後数回の治療で症状は消えたようです。

病名と症状

近年病名の付かない症状が多いです。同時にその様な症状が多い為に不確定な病名を付けることにより治療が遅れることも少なくありません。
例えば耳鳴りや突発性難聴、高血圧、、、というのも、病名ではなく、一連の症状です。
症状があればそこにトリガーポイントが必ずあります。
トリガーポイントを見つけて症状を治して行く。。。
そこが大事な所だと私は思います。

<<前のページへ

次ページへ >>