両腕の痺れ

Menu
症例報告
両腕の痺れ

【60代男性】

主訴

腕の痺れ。
指先がピリピリする。仕事で疲れた時や日常生活の活動中にも痺れる。
痛いという訳ではないが、気になるので治して欲しい。

触擦

首の筋を触擦すると指が入らない位コリが強く出ていた。
頚部の屈曲や回旋等の運動痛は出現しなかった。
特に緊張している筋は頚部の半棘筋、及び頚部と胸部の棘突起直側の浮腫感が強かったためその部位に鍼治療を行った。

ペインスケール

1回目:痺れが半分になる。
3回目:ほぼ完治。

その後数回の治療で症状は消えたようです。

腕の痺れ

腕の痺れには様々な疾病が隠れている事があります。
我慢できない痺れなどが出た時はMRI検査をお勧めします。
その他の痺れやMRIなどの検査によって異常が見られない痺れ、もしくは診断結果が出て治療しているにも関わらず治らない痺れ症状などは『筋肉のトリガーポイント』から出ている痺れです。
痺れには神経的(圧迫や炎症)な痺れと骨格筋のトリガーポイントから出ている痺れの2パターンがあります。
なかなか治らない痺れ症状はトリガーポイントが出す『痺れ感覚』の可能性があります。
その場合はトリガーポイントをしっかり治療する事により症状は緩和します。

<<前のページへ

次ページへ >>