肩が上がらない

Menu
症例報告
肩が上がらない

【60代女性】

主訴

左の肩が上がらない。
整形外科でレントゲンを撮ると、五十肩と診断された。
とにかく痛くて眠れず寝返りもうてない。
服の脱ぎ着が出来ない。
特に肩の前っ側が痛む。
注射や痛み止めを行ったが改善は見られなかった。
早く痛みを取りたいという事で当院にご来院されました。

視診・触診

肩関節外転30度で痛み。外旋痛(++)、内旋痛(+)
うつ伏せになれない位の痛みだった為、横向きでの治療を行いました。
触診では棘下筋に腫れがあったためそこを中心に治療を行いました。

治療

少し触るだけでも痛みが強くあったため、鍼治療を中心に行った。

棘下筋の特に上部繊維に認知覚が見られた。
痛みが治まるまで集中的に毎日来て頂きました。

1回目:変化はあまり見られなかった。
2回目:腫れや熱感が減少する。
3回目:10→5、うつ伏せで寝られるようになる。夜も寝られるようになる。
4回目:5→2、洋服の着脱が上手く出来るようになる。
5回目:完治。

肩の前が痛いのに肩甲骨の筋肉を治療する理由とは

私はいわゆる五十肩や四十肩でよく治療する筋肉は棘下筋です。
棘下筋は肩甲骨の後面から上腕骨の大結節と言う部分に付着しており、その大結節と言うのは肩の前の方にあります。
つまり肩甲骨の後面の棘下筋が悪くなるだけで肩の前面が痛くなるという症状が起こります。
痛い所が悪い所と言うよりも、『肩の前が痛い』という事で肩の前だけ治療しても改善度は低いでしょう。
肩関節の治療のポイントは、どのような動きをした時に痛みが再現されるか?という事です。

<<前のページへ

次ページへ >>