めまい

Menu
症例報告
めまい

【70代女性】

主訴

数ヶ月の間めまいがする。フラつきもあり、日常生活に支障がある。
薬を服用しているが、改善がない。眠りも浅いので毎日睡眠導入剤を服用している。
最近睡眠導入剤を服用しても眠りが浅く、困っている。症状も悪化している。

視診・触診

頚部に強い圧痛がある。特に視診では異常は見られなかった。

治療

頚部のトリガーポイントに対する響鍼点治療を行った。

1回目:治療後は眠れる。しかし翌日は戻る。
2回目:少しフラつきの回数が減る
5回目:フラつきはなくなる。めまいも回数は減るが、身体が疲れると症状が出る。
7回目:フラつき、メマイ共に無くなる。眠りも深くなり睡眠導入剤をやめる事が出来た。

めまいとフラつき

めまいやフラつきは首のコリが原因の事が多いです。
首のコリは自律神経の乱れを生み、様々な不定愁訴を出現させます。
近年高齢社会になり、お年寄りの各不定愁訴が問題になっています。
様々な検査を行い、多くの薬を処方され、効くのか分からず何年も同じ薬を服用している人も多くいらっしゃいます。
確かに高齢者は治りが悪いですが、鍼治療という自然療法で治る症状は沢山あります。
高血圧も8割は原因不明です。
原因不明なのに降圧剤を何年も服用するのは良くないでしょう。
血圧だけではなく、めまいやフラつきはなどの症状は、首のトリガーポイントが大きく関わっています。

<<前のページへ

次ページへ >>