慢性疲労症候群・首肩コリ・猫背・ストレス過敏

Menu
症例報告
慢性疲労症候群・首肩コリ・猫背・ストレス過敏

【30代女性】

主訴

首コリ・肩コリが昔からひどい。
医療関係の職場での強いストレスが多く、最近ストレスを感じるとなぜか肩甲骨周辺が硬くなり背中が丸まってしまう感じがする。友人にも猫背になっていると言われる事が多くなる。
リラクゼーションのマッサージによく通っている。ストレスなどの軽減には繋がるが、どうしても最近はコリを取らないと根本的な解決にならないのでは?という事で鍼治療のHPなどをチェックしていた。
知り合いに国立おざわを紹介され、ご連絡して頂きました。

仕事の時は手術室での補助をする機会が多く、姿勢が制限されがちである。
現在勤務5年目。疲れが取れない。
症状が悪化すると肩が引っかかる様な感覚になる。

視診・触診

視診では皮脂・発赤等が多く明らかな交感神経緊張の皮膚所見が診られました。
触診では問診時の言うところ全て、特に「ストレス筋群」と呼ばれる部位に強い圧痛が認められました。

ストレス筋群とは

ストレス筋群とはストレスを感じた時に率先して緊張が強くなる部位です。元々負担がかかる部位(トリガーポイントが形成されている部位)にストレスがかかりますと活性化して症状を出しやすくなります。
僧帽筋や棘下筋、胸鎖乳突筋や中殿筋などなど。。。他にも沢山あります。

治療

初めは浮腫を除去する為、細めの鍼にて本数を多めに施術を致しました。
初回の治療から大分身体が軽くなり、初めのうちは週2回の頻度で来て頂きました。筋緊張が緩和してからは週一回程度の治療に変え、現在も定期的な治療を継続しております。

<<前のページへ

症例INDEXへ >>