交通事故後の首の痛み・腰の痛み・手首の痛み

Menu
症例報告
交通事故後の首の痛み・腰の痛み・手首の痛み

【30代男性】

主訴

小道から大通りに出る交差点にて歩行中、自動車と接触し転倒。 その際に首と肩、及び腰部を強打した。 手をついた際に両方の手首も痛みが残っている。 骨折などは無く、痺れも無い。 しかし重たいものを持ち上げる仕事をしており業務が困難である。 現在しばらくの間休職中である。 当院患者様の奥様のご紹介にてご来院されました。

視診・触診

特に視診では問題はなく、触診では腰部及び首に緊張が診られた。
触診では、首の筋肉全体に筋緊張が診られました。

治療

事故による急な外力の影響か、腰部と首に浮腫が診られた為、鍼治療にて筋肉の緊張をとった後、手技療法を加えて注意しながら治療を行いました。

●治療部位:腰部最長筋・腰部多裂筋・頭板状筋・頭半棘筋・頚部多裂筋・棘下筋・他、前腕


早期の症状緩和の為、週4~5回のペースでご来院頂きました。

  • 腰部最長筋と腰部腸肋筋の筋連結

  • 腰部多裂筋

初めは腰に症状が強く出ていた為、腰を中心に治療しました。

10回程度の治療で腰部の痛みは消失。
同時に次は首を重点的に治療を行いました。

  • 頚部多裂筋・回旋筋

  • 頚部多裂筋・回旋筋

首は5〜6回の集中的な治療にて改善しました。
しかしむち打ち症は後々症状が出現する可能性がある為、首の深部の筋肉まで治療。その後数回の治療で症状は消えたようです。

  • 前腕もその後数回の治療で症状は消えたようです。

むち打ち症のコワいトコロ

むち打ち症は首に大きな外力が働き首の深部の筋肉にトリガーポイントを形成します。(多裂筋や回旋筋、頭半棘筋など)

そのトリガーポイントは初期から活性化して症状を出す場合もありますが、潜在的にトリガーポイントが潜んでいて初期の頃は無症状だけれども何ヶ月、何年、、、と経過した後に突然トリガーポイントが活性化して症状を出す事もあります。

頭は一般的には大きなスイカほど、6キロの重さがあります。
それを支えているのが首。 MRI・レントゲンで異常が無かったとしても、必ず治療しておいた方が良いでしょう。

<< 症例INDEXへ

次ページへ >>